不動産・ビル管理|不動産業者に聞く!二俣川の事故物件に住む人は?

【無料の企業PR広告】
■該当件数2件 | 1 | 2 | 次へ>
TOP > 不動産・ビル管理 > 株式会社トリニティーズ不動産

不動産業者に聞く!二俣川の事故物件に住む人は?


いわくつき不動産として知られる事故物件。借り手がつかないまま開かずの間になるケースも少なくありませんが、賃貸物件としては意外とニーズが高く、若年層を中心に問い合わせが寄せられることが多いようです。二俣川エリアであえて事故物件を選ぶ人の特徴としてはまず年齢層が低いことが挙げられ、上京したばかりでお金がなく、家賃を少しでも浮かせるためにやむを得ず事故物件に入居するケースが多いようです。事故物件のほとんどは実際に住んでみるといわゆる「ラップ音」などもなく、家賃が安いごく普通の部屋として快適に暮らせるとのことです。二俣川エリアの事故物件でも不可思議な現象が少なからず報告されていますが、そのほとんどは本人の錯覚か、あるいは都市伝説レベルだと言われています。これは少数派ではありますが、二俣川を含めどの地域にも「事故物件マニア」とよばれる人たちがいて、ラップ現象などを実際に体感するためにわざわざ事故物件ばかりを選んで入居する場合もあるようです。ただし、そうした興味本位の不動産物件探しは不謹慎であるとの理由から、不動産業者のほうでは事故物件についてはあまり積極的に紹介していません。また、事故物件の定義は業者の判断で変えられるため、二俣川エリアで気になる事故物件があればできるだけ早めに問い合わせるようにしましょう。