ファイナンシャル・保険|セクハラなどで使用者責任を問われた時の賠償に備えて

【無料の企業PR広告】
■該当件数1件 | 1 |
TOP > ファイナンシャル・保険 > 有限会社フィット総合保険(パワハラ保険)

セクハラなどで使用者責任を問われた時の賠償に備えて


職場環境のトラブルであるセクハラやパワハラが起きた際、企業や役員が使用者責任を問われる可能性があり、そうなった場合は高額の慰謝料を支払う事になる場合があります。さらに労災保険ではこういった際の慰謝料には対応しておらず、支払った金額がそのまま損失となってしまい経営の負担になってしまう恐れもあるでしょう。ですから企業側はこういった事態に備えて、労災保険以外の保険に加入する事を考えてみてはどうでしょうか。使用者賠償責任保険や雇用慣行賠償保険といった保険は、労災保険では対応してないセクハラなどのトラブルにも対応しており、労災認定を待たずに支払いをして貰えるなどさまざまなメリットがあります。使用者責任を問われる可能性があるトラブルはいくつかあり、その多くは防ごうとしても防ぐことが難しいトラブルです。そのためトラブルを未然に防ぐだけでなく、いざという時にきちんと対応してくれる保険を見つけて加入しておく事も重要となってくるでしょう。企業が大きくなるほどセクハラなどのトラブルが起きる可能性は増えていきますから、いざという時の賠償に備えて、対応している保険を見つけておくという事が重要です。